「聖闘士星矢」「リングにかけろ」などの作品を生み出し続ける漫画屋・車田正美先生のまとめWiki

トップページ > 作品 > 漫画作品 > 聖闘士星矢 > 登場人物 > サガ
トップページ > 作品 > 漫画作品 > 聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話 > 登場人物 > サガ

Saga

聖闘士
双子座黄金聖闘士
年齢
28歳
身長
188cm
体重
87kg
誕生日
05月30日
血液型
AB型
出身地
ギリシア
修行地
ギリシア・聖域
ギャラクシアンエクスプロージョン?
アナザーディメンション?
幻朧魔皇拳
家族
カノン双子の弟)
曽我部和恭(テレビ十二宮編の悪・それ以降の善悪/カセットブックの悪)
野島昭生(テレビ十二宮編の善)
森功至(テレビ十二宮編の双児宮の空洞体)
関俊彦(カセットブックの善)
置鮎龍太郎(OVA
山寺宏一(Legend of Sanctuary
双児宮を守護する。カノン双子の兄。黄金聖闘士の中でも随一の実力の持ち主。その拳は銀河の星々をも砕くといわれ、聖衣を纏わずしてアイオリアでさえ見切れない拳を放ち、相手を意のままに操る精神攻撃も得意とするなど、あらゆるシリーズにおいて「最強の黄金聖闘士」と称されている。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
「神の化身」と称されるほど優しく清らかな心の持ち主といわれ、アイオロスを除けばサガこそが新教皇に相応しい人物と誰からも認められていた。前教皇シオンが仁・智・勇に優れたアイオロスに教皇の座を任せたことを契機に、心の奥底に眠っていた悪の人格が発現。神のような人格と悪魔のような人格の二重人格に苦しむ事になる。アイオロスこそ教皇に相応しい聖闘士として協力を惜しまず一命をかけて尽くすことを誓うが、シオンに悪の人格が潜んでいることを看破されたことで半ば逆上してシオンを暗殺し、自ら教皇に成り済ます。更に地上を支配するため、まだ赤子のアテナを殺害すべく黄金の短剣を振り下ろすがアイオロスによって阻まれ、アテナを救出して教皇の間から逃走した彼にアテナ暗殺の濡れ衣を着せ、シュラに討伐を実行させた。以後の聖域では、サガ本人は聖域から姿を消したものと思われていた。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
アテナ不在となった聖域では彼が教皇として実質的な支配者となり、居るはずのないアテナが聖域最奥のアテナ神殿にいるかのように振舞っていた。善の人格の際の教皇としての挙動は正に神のようで、聖域のみならず近隣の住民からの尊敬も集めていた。しかし一方では教皇の仮面に隠された素顔を見た者は悪のサガに殺され、その噂が立つにつれて聖域でも徐々に教皇に対する不審が募っていた。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
城戸沙織アテナ)が銀河戦争を起こした際、私闘を繰り広げた星矢達の制裁に動いた。最初は氷河を送り込むが、氷河が星矢達に同調して使命を放棄した上、一輝率いる暗黒聖闘士との私闘まで行われたため、もはや黙認しておけぬと次に白銀聖闘士を向かわせる。彼らには星矢達の抹殺及び銀河戦争の会場グラードコロッセオの破壊のみをさせるつもりだったが、偽物に見せかけた射手座黄金聖衣が実は本物だった事と、城戸沙織がアテナである事に途中で気づき、射手座の黄金聖衣及び城戸沙織を連れ去るよう命じる。白銀聖闘士がことごとく倒されると、遂に黄金聖闘士アイオリアまで日本に向かわせる。しかしアイオリアは城戸沙織が真の女神であり、教皇が女神殺害を図った邪悪の化身であるという真実を知り、星矢たちの抹殺をせず聖域に戻ってくることになった。アイオリアに女神神殿には女神などおらず、女神は13年前に教皇が殺害をしようとしたところをアイオロスに救われ日本にのがれていると指摘されると、髪の色が変わって邪悪の本性をあらわしアイオリアの殺害を図ろうとする。さらにシャカと対峙させている隙を狙って幻朧魔皇拳を繰り出し、アイオリアを悪鬼に変貌させ、十二宮編でもその洗脳を利用した。また、童虎抹殺のためデスマスク五老峰に向かわせた。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
十二宮編では星矢達が双児宮に到着しても、教皇に扮し玉座に座したまま教皇の間を動くことはなく、その場から遥か先にある無人の双児宮へ、メディテーションにより小宇宙を送り込み、星矢達を幻覚や空洞の双子座聖衣で翻弄したが、失明しており視覚に囚われなかった紫龍と、星雲鎖が反応しなかった事で、実体がない事を見破ることに成功し双児宮突破の契機となる。この時点で既に、紫龍からは遥かな空間を超えた小宇宙攻撃の使い手として恐れられており、瞬もこの小宇宙の使い手こそを聖域の闘いの鍵を握る者と直感していた。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
十二宮を突破された後は、教皇の間に辿り着いた星矢の前では、一度善の人格で星矢を労い自らの悪事を悔い、星矢に女神を救う本当の方法(アテナの像?をかざす)を伝授するが、ほどなく悪の人格を発現させ、自ら双子座黄金聖闘士である事を暴露し、双児座の聖衣を装着し初めて正体を明かす。また、シャカムウにより異次元から生還し合流した一輝とも激闘を繰り広げつつ、前教皇シオンを殺害した事も自ら聖域全体に響くほどの心の声で暴露した。圧倒的な力で一輝を倒すも、仲間達の小宇宙を受けて再起した星矢の渾身のペガサス彗星拳を受けて敗北。最後には星矢がかざしたアテナの楯の閃光で悪の心が浄化され、善の人格に戻り生還したアテナの前で自分の心臓を貫き、自害した。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
ハーデス編ではシオンらと共に復活し、教皇に仕える黄金聖闘士という本来の立場に戻った姿が描かれた。戦場に出て戦っているため、宮の異変に驚愕するなど感情を露にする描写も増える。冥闘士キューブ小宇宙を絶った状態で倒す、ギガントの動きを小宇宙だけで封じる、カノン教皇の間から双子宮に作り出した幻影を遠隔攻撃で放ち打ち消す、自分達を精神攻撃によって篭絡するシャカへ衝撃波を放ち処女宮を大破させる等、その行動の端々に実力の強大さが表れている。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
EPISODE ZERO』では、悪の人格に苦悩するなか、アイオロスから自分を教皇に推す事を伝えられるとアイオロスの方が相応しいと否定している。アテナ暗殺の凶行をアイオロスに止められ彼がアテナを抱え逃亡した後、アイオロスだけには自身の悪の心を見られたくなかったと涙を流した。アイオロスが双児宮を通過しようとした際は、双子座の迷宮に迷いこませ異次元へ送ろうとするも善の人格により寸前で止められた。その後、心中でアテナに自身の命で詫びる決意をする。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
ORIGIN』では告知星の流星が落ちた双児宮カノンと共に赤子の姿で現れた。ケールの放ったレムールに憑依される。教皇を殺害した直後、罪悪感から自害しようとするもケールによりアテナ殺害の役目を理由に防がれた。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
DESTINY』ではコキュートスケールからアテナの首を取って来るのと引き換えにハーデスに頼み永遠の命を与えようと持ち掛けられる。デスマスクアフロディーテが承諾する以前に他の3人が既に了承している事を知ると自らも了承する。コキュートスから出され冥衣を纏った後、聖域に向かう。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)
名の由来は「性(さが)」。
引用元:Wikipedia>黄金聖闘士(2021年12月29日23時44分の版)

関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます